顕微鏡を使用している研究者

細胞レベルが見られる

医療現場で活躍

みなさん。小学校などで理科の実験をしたの覚えてますか。その時に単体動物など見るときに使うものといったらなんでしたか。 それは顕微鏡でしたよね。 普通に見ると身動きが見れないが顕微鏡を通してみてみると細かな動いや、どうなっているのか見ることができましたよね。 病理学解剖などで、人間も細胞がどうなっているのか研究し、今、死因の大半は悪性腫瘍による病死ですが、細胞レベルの研究も進み、悪性腫瘍がでないように日々ケアーすることもできつつあります。 小保方さんのstap細胞も世の中にでていれば、病気で苦しんだ人も助かる見込みが増えていたに違いない。 あれほど研究されて、話題性にもなったstap細胞を早く見つけて欲しいです、

stap細胞の研究に顕微鏡も使っていたことでしょう。 小保方さんかあそこまで一生懸命みんなのため、医療の未来のためにいろいろ行ってくれたのに、国民は結果がでていなかっただけなのに裁判問題になるなんてひどいと思います。 みんながやらないことをやって仕事としてやっている人が罰せられるのは日本の良く無いところかなと思います。 顕微鏡を何回も何回みて、これはそうかもしれないと確信を持って発表した結果が、こんなことになってしまうなんて本人は思っていなかったと思います。 国民である私たちは自分たちがやらないことをやってくれたことに感謝するべきだと思います。 人が努力しているから使われるものもあるし、商品として売られているものもあると思うから。