顕微鏡を使用している研究者

強度の脆い製品

微生物を見つける

大量生産をする時には、多くの人が道具のサポートを受ける事によって、行うべき作業を円滑に進めているのです。 しかし大量生産される機械に問題点が存在しないとは限りません。特に大型の機械になると相当重くなります。ネジや溶接によって部品が固定されますが、自重に耐え切れず崩壊する恐れがあるのです。崩壊が生じたタイミングで周囲に人がいたら、大事故に発展する可能性があります。動いている最中の機械が危険である事は認知されていますが、停止している製品に対して警戒しない人が大半です。

つまりいきなり部品が外れて機械が崩れる事態は、何としても避けなければいけないという事です。メーカーはそれを保証するために最善を尽くすべきと言えます。 しかしメーカーが自主的に製品をテストしなくても、引張試験を事前に行う事は法で決まっているのです。引張試験とは金属やプラスチックの強度を確かめるために行われます。完成した機械に危険性が無い事を確認するために法律で決定しました。それ以前は製造した商品の強度は軽視される傾向がありましたが、引張試験が登場してからは事故は激減したのです。 つまりリスクを抑える効果が引張試験には存在します。未来においても続々と新製品が登場する事は相違ありませんが、引張試験も変わらず存在する事は明白です。